GooglePlayカードを高い値段で現金化する

GooglePlayギフトカードをGoogle Playストアで売られているゲームや漫画などの電子コンテンツがダウンロードできます。

たくさんの人が使用中のグーグルプレイカードですがもらってもいらなかったり間違って買ってしまった、飲み会などの支払いで現金が必要になった。そんな時もあったりします。

そんな場合には現金に換金してしまいましょう。

このページではグーグルプレイカードの現金化にしぼって、簡単で好条件な換金のやり方についてお話ししていきます。

GooglePlayカードの現金化のやり方は主に2種類

グーグルプレイカードの換金手法はいくつかありますが最も多くのキャッシュをゲットできるかを考えると電子ギフト券専門の買取業者を利用とオークションサイト利用の2択となります。

買取サイトについて説明しますが。

その名の通り、GooglePlayギフトカードを買取るサイトです。

このサイトは古物商の許可を取るのが一般的です。それぞれ買取サイトごとの換金率で換金が可能です。

365日24時間営業や当日現金化も可能ですぐに換金をしたい人や絶対にお金を用意したい場合の利用に向いています。

このようなありがたいサイトを利用し場合のお金になるまでの流れ

申込は簡単で簡単に説明すると3段階でお金を受け取れます。

換金の申し込み

利用したい買取サイトから手続きの申し込みを進める

GooglePlayコードを送る

GooglePlayコード(16文字のデジタルコード)業者へ送信します。

振込口座の確認

コード番号を知らせた後20分から60分程度でご自身で指定した銀行の口座に振込まれるのですぐにでも現金を引き出せます。

買取サイトを使うまえに知っておくこと

買取サイトを使う手法はとても便利なサービスですが、あまり評判のよくない買取サイトがあることも事実で細心の注意をするべきです。

このような悪徳サイトを使ってしまうと、「提示された換金率より低い入金だった」振り込むと約束してから連絡が取れなくなった

このような被害を防ぐためにも必ずしっかりと下調べをして優良店を見極められるようにしましょう

売買仲介サイトとは?

ギフティシューなどの売買プラットフォームは、様々なオークションサイトやフリマサイトの様に、個人間売買を手助けするサイトです。

いくらで販売するかは自分で決めルことが可能ですが落札者がいないと現金化はできません。

時間がかかっても特に問題がない場合や買取サイトでは高換金率での買取が難しいギフト券を換金したいときに有効です。

売買サイトで出品した換金までのフロー

手続き方法はだいたいですが3つの順序があります。

アカウントを作る

売買サイトを使った現金化をおこなうには売買出来るアカウントを作るのではじめはユーザー登録をします。

使いたいサイトの

手続きが終了したら各サイトの出品の項目から出品したいGooglePlayカードを出品できるようになります。

振込金額

出品されたGoogleplayギフト券が購入者が現れたら成約確定は60分程度で確認することができます。

決済されたと同時に、それほど時間がかからずに自分の銀行口座に振込してくれるありがたいサイトもあれば面倒ですが、出金申請を必ずしなければならないサイトもあります。

売買仲介サイトの注意点

オークション、フリマサイトは個人間のやりとりのため額面の大きなギフト券の取引には避けた方がいいかもしれません。

また、他の人より高い金額にすると思っていたよりも落札されないこともあります。

あなたの好みの現金化方法を

いまある方法の中で最もお得な2つの換金の方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

現金化までの速度やギフト券の額面の金額などによりそれぞれにマッチした方法を見つけてください。

高い換金率を実現するために自信のやりやすいやり方での現金化方法を選んでください。

今回の記事のおすすめのやり方が考えに近いものなら幸いです。